一時的な対処

医師

偏頭痛を抱えている人は日本の人口の3割から4割ほどと言われています。しかし、病院を受診することなく市販の頭痛薬などで対処している人が多い傾向があります。偏頭痛は、悪化すると慢性的な激しい頭痛が継続的に起こるようになり、吐き気などを伴うようになるほど重大な症状に変化する可能性があります。しかし偏頭痛に対する人々の認識は薄いため、放置してしまうケースが多いのです。もし激しい頭痛が続くのであれば、我慢せずに病院へ行くことが大切です。自力で一時的に症状を和らげたり、痛みを改善することは可能ではありますが、根本的な解決になりません。対処法を知っておくことも大切ですが、それでも痛みが治らないようであればすぐに病院へ行くと良いでしょう。もし偏頭痛とは違う他の持病があり、薬の併用が難しいという場合などは、磁気による治療方法なども受けることができます。まずは医師に相談してみるのが良いでしょう。

ズキズキする痛みがこめかみ付近に現れる偏頭痛ですが、脳の内部にある血管が一気に拡張することで激しい痛みを伴う症状になります。環境的な原因も考えられるのですが、体調の変化が原因であることも珍しくありません。偏頭痛が現れやすい人には、生活習慣に偏りがある場合がほとんどで、それを改善することで頭痛を和らげることは可能です。例えばコーヒーや紅茶などに含まれるカフェインは、偏頭痛を起こしやすくする効果を持っています。日々カフェインの摂取量が多いという自覚があるのであれば、その量を減らすか、飲むのを控えると良いでしょう。また、女性であればホルモンバランスを整えることも症状の改善に繋がります。ピルを服用している方は、薬の作用によってムリヤリ排卵をコントロールしているため、ホルモンバランスが多少崩れてしまうことがあります。このときに偏頭痛は起こりやすいのですが、ピルによって排卵日などが安定し始めるとホルモンのバランスも一定になります。ピルを服用するのであれば、専門の医師によく相談することが大切です。ストレスを溜めている人は発散することが第一ですが、睡眠は適度に摂らなければ頭痛を悪化させてしまいかねません。つまり、偏頭痛を予防、または改善するには整った生活習慣を心がけることが大切なのです。もちろん気温の変化などでも症状が現れることがあるので一概には言えませんが、睡眠時間や食生活などに気を遣うことで健康的な体を維持することができます。

つらい痛みが特徴的な偏頭痛ですが、ちょっとした対処をすることで一時的ではありますが痛みを和らげることができます。自分自身でできる対処としては手のツボを刺激したり、こめかみをマッサージしたりなどがあります。仕事中などに症状が現れて業務に専念できない場合などは、こういった対処法で乗り切るのも良いでしょう。その他にも、首の後ろを冷却することも一時的な対処法としては効果的です。部屋が明るいまま就寝することがある人は、部屋の電気をしっかり消してから寝ることが大切です。部屋が明るいままだと脳がしっかり休まらず、ストレスを溜めてしまう原因にもなります。デスクワークが多くパソコンの液晶画面を見ながら仕事する機会が多いと、目が疲れることよって頭痛を引き起こすケースも珍しくありません。そうした場合は蒸しタオルなどで目を温めるのも良いでしょう。原因によって様々な対処法がありますが、原因を探るのも簡単ではないため、病院での治療が一番効果的だと言えます。

TOP